忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



世界初フルカラー 曲がる有機ELディスプレイ

l_sk_sony.jpg ソニーは5月24日、有機薄膜トランジスタ(有機TFT)で駆動する有機ELディスプレイで世界初のフルカラー表示に成功したと発表した。通常の有機 ELディスプレイはガラス基板を使うが、プラスチック基板上にも有機TFTを形成できる技術も開発し、薄くて軽く、曲げられるフルカラーディスプレイが可 能になったとしている。

 試作したディスプレイは2.5インチ。解像度は120×160ピクセル(80ppi、画素ピッチは318μメートル)で、1677万色表示に対応する。パネルは最厚部で0.3ミリと非常に薄く、ドライバなどを除いた重さも1.5グラムと軽い。

 フルカラーで高精細に表示するためには画素を微細化する必要がある。新技術では、有機EL素子の発光層をTFTの上面に配置し、画素同士の間隔を 狭くできる「上面発光方式」を採用。この素子を駆動する有機TFTの微細加工プロセスでは、溶媒を使わずに半導体層を微細加工する新たな集積方法を開発。 独自の電極構造や絶縁膜の全有機化などにより、有機TFTの特性を向上させるなどし、プラスチックフィルム上で曲げた状態でも表示できるフルカラー有機 ELディスプレイの開発に成功した。

(一部引用)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/24/news076.html





写真を見てもわかる通りきれいですねぇ。最初(TVで)見たのが1・2年前のことでしょうか。あのときに比べて格段にきれいになっています。
こういうことができるからソニーは赤字何百億と予測をたてても、実際にそうなったとしてもつぶれないんでしょうね。

さて、こんなに薄いディスプレイをどうするか。まず紙の代わりになっていきそうですね。
電車の広告やバスの広告なんかは現実的でしょう。実際地下鉄などの広告では液晶画面を使った広告が出始めていますからね。
あと夢をみて新聞なんかもこれになるといいかも。
タッチパネル式のペラペラのディスプレイで端を押すと次のページへ。ネットを介して日刊・夕刊をダウンロード。バックナンバーもそろっていてお気に入り記事の登録なんかも可能。となれば完璧じゃないですかね。
次に何でしょう。
・・・・何たること。思いつきません。 大体、紙に変われば応用しだいですからね。
とにかく期待大です。
PR


ITCOMMENT(0)TRACKBACK(0)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL