忍者ブログ

カテゴリー別表示

2017/11/20 [PR]
no text
2007/02/07 応援歌に「君たちの国では犬を食べたろうが」
 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)ファンが作ったという「朴智星応援歌」に韓国と朴智星(パク・チソン)を卑下する内容があり、論議を呼んでいる。   8年目イギ
2007/02/07 「もう二度と韓国とは練習試合やりたくない」
1 名前:静岡makky ◆IgDbIlkkMo [] 投稿日:2007/02/05(月) 20:10:59 株 ID:bvKdOaDB0   一つ言えることは、もう二度と韓国のチームとは
2006/12/11 中日・李炳圭誕生:宣銅烈「野球より日本語」
■宣銅烈監督「野球より先に日本語を学べ」   宣銅烈監督は、「まず日本語を早くマスターせねばならない」と語った。中日に行けば李炳圭は外国人選手。外国人選手は常に意思の疎通で苦労を経験する。そして
2006/12/10 日本男子、連覇とぎれる 剣道世界選手権 第13回
 剣道の第13回世界選手権は10日、台北で男子団体(5人制)が行われ、日本は準決勝で米国に2-3で敗れ、第1回大会から続いていた連覇が途切れた。日本は前日まで女子の団体、個人、男子個人をいずれも制し、

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



応援歌に「君たちの国では犬を食べたろうが」

 マンチェスター・ユナイテッド(マンU)ファンが作ったという「朴智星応援歌」に韓国と朴智星(パク・チソン)を卑下する内容があり、論議を呼んでいる。

  8年目イギリスサッカーを取材しているアダム・マーシャル(ユーロスポーツサッカーチーム長)は最近、インターネットポータルネイ バーに「マンUファンの愛がこめられた朴智星応援歌」というタイトルの記事を載せた。この記事は「朴智星がアストンビラ戦(1月14日)でゴールを決める と、この歌がマンUファンの間で歌われた。人種差別的な部分もあるが、自分の応援歌があるという点で朴智星はマンUファンから愛されている選手だ」と書い た。


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84387&servcode=600&sectcode=610

PR


▼続き▼個人的意見

「もう二度と韓国とは練習試合やりたくない」

1 名前:静岡makky ◆IgDbIlkkMo [] 投稿日:2007/02/05(月) 20:10:59 株 ID:bvKdOaDB0
  一つ言えることは、もう二度と韓国のチームとは練習試合を組みたくないし、
組まないようにフロントの方にも頼むことにします。けが人が出ることは本当
に避けたいし、それがフェアなプレーならまだしも、意図的にされた悪質なも
のばかりなので、真面目にやっている自分達に悪影響を及ぼします。

朝鮮かんさつにっきhttp://ameblo.jp/8oa/entry-10025084184.html


▼続き▼個人的意見

中日・李炳圭誕生:宣銅烈「野球より日本語」

■宣銅烈監督「野球より先に日本語を学べ」  

宣銅烈監督は、「まず日本語を早くマスターせねばならない」と語った。中日に行けば李炳圭は外国人選手。外国人選手は常に意思の疎通で苦労を経験する。そして時にはトラブルにまで発展する。

宣監督は中日入団1年目から日本語をマスターするために努力した。試合後、言葉をマスターするため、意識的に何人かのベテラン選手を韓国料理店に連れて 行った。後日、中日の選手らだけの会食に、特別に外国人の宣監督が招かれ、重要事案をともに議論するほど親しくなったのもそのおかげだった。もちろん、そ こには宣監督が2年目から好成績を挙げていたのがその背景にある。

技術面で宣監督は「選球眼を養う必要がある」とアドバイスした。李炳 圭は、ヒットに関しては天賦の才能を持っているが、それとともに球界随一といわれるほどの悪球打ちの特性を持っている。宣監督は、「あいつはどんな球にで も手を出すから、低めの変化球に対処する能力を養わないと日本では苦労するだろう」と話した。また「中日だからといって、他の日本の球団と大差はない」と し、「結局李炳圭本人の努力しだい。早く適応するほかない」とした。
 【朝鮮日報】2006年12月11日付


▼続き▼個人的意見

日本男子、連覇とぎれる 剣道世界選手権 第13回

 剣道の第13回世界選手権は10日、台北で男子団体(5人制)が行われ、日本は準決勝で米国に2-3で敗れ、第1回大会から続いていた連覇が途切れた。日本は前日まで女子の団体、個人、男子個人をいずれも制し、この大会の全種目制覇を続けていた。

 準決勝で米国と対戦した日本は、今年の全日本選手権覇者の内村(警視庁)が勝つなど、2-1とリードしたが副将、大将がともに敗れ、逆転負けした。

 決勝は韓国が2-0で米国を下し、初優勝した。


【産経新聞】2006年12月10日付


▼続き▼個人的意見