忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私立中学未履修問題

 全国の私立中学699校の約1割に当たる72校で、音楽や美術、道徳など学習指導要領で定める必修教科を全く教えなかったり、標準授業時間を満たしていなかったりした「履修漏れ」があったことが27日、文部科学省が公表した調査結果で分かった。
高校必修科目の履修漏れ問題を受け、全国の国公私立中学校を調査していた。同省は「受験対策が背景ではないか」としている。単位制の高校と違い、中学の標準時数を下回っても直ちに卒業認定に影響するわけではないという。


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007022700432





そんなにバカを増やしたいですか。そうですか。
ココで言うバカは、(確かに標準授業時間を満たしてなかったりという場合は学力面で落ちるというのも考えられますけど)人間性としてのバカです。
音楽、美術、道徳はどっかの頭良い連中とかどうしようもないチンピラとかが「要らないじゃない」とアホ面で言っていますが、私は胸を張って言いましょう。「必要だ」と。
まぁもっと言えば小学校時代の道徳増やしても良いんじゃないかと思ったりもするのですが。
現在格好ばかりを気にする若者が「道徳」を気にしていないというのが非常に腹が立ちます。
ちょっとした気遣いが出来ない。こんな若者が増えていったら日本は終わりです。
ほんとチョットした気遣いですよ。「ココにいたらじゃまだろう」とか「疲れたけどここで座って休んではいけないだろう」
とか。周りを見て、事がプラス方向に進むための誠意なんですよ。それを養うのも道徳かなと。
音楽・美術はまとめれば芸術。高校では芸術分野としてどちらかを履修ですが中学では両方必修ですよね。
音楽の体に刻むリズムや曲の内容、美術の想像・創造力というのは必要だと思います。
有名な学者さんたちの多くは学問とは別に何らかの趣味を持っていたりします。物理の考えだけじゃなくて芸術の考えを取り入れることで新たな発想が出来ることが多くある。
そこを理解するべきなんですよね。
PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

未履修問題:02

高校は義務教育ではない。つまり民間同士の「教育」という契約を親と学校が結んだことになる。であれば,その義務を怠った学校は親に対して瑕疵を負うことになる。それなのに,学校も親も文部科学省に対して穏便な解決を求め,文部科学省も必要時間の半分で手を打つことによって収集させようとしている。当事者である卒業生や現役の子どもたちはどのように考えるであろう。何でも無理を言えば通ってしまうと勘違いするのじゃないか。しかも未履修の学校は進学校が多いという。ならば今後の日本のリーダーは教育的欠陥...大学 高校 中学 小学受験@親の立場@大学 高校 中学 小学受験の親【2007/03/18 23:50】

未履修問題:02

高校は義務教育ではない。つまり民間同士の「教育」という契約を親と学校が結んだことになる。大学 高校 中学 小学受験@親の立場@大学 高校 中学 小学受験の親【2007/04/06 03:56】