忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



捕鯨問題に進展あるか。

f8c1f7897e23ddb0c7f8-L.jpg 国際捕鯨委員会(IWC)に加盟する日本など35カ国は15日、反捕鯨国と捕鯨容認国の2陣営が対立し、行き詰まっている現状を打開するため、外部意見の採用などを勧告する報告書をまとめた。5月に米アンカレジで開かれるIWCの年次総会に提出する。

 報告書は、両陣営の歩み寄りに向け、(1)多数決で結論を出すことを避ける(2)IWC加盟国間で合意できない問題があれば、外部の意見を求める(3)文化の多様性を尊重する、などを提言した。

 35カ国は、日本政府がIWCの加盟72カ国すべてに呼びかけて開いた東京での国際会議に出席。反捕鯨国がボイコットしたため、ほとんどは捕鯨容認国 だ。米豪など反捕鯨国も今回の会議に対抗する会合を開く検討を進めているとされ、報告書が対立解消の糸口となるかは不透明だ。

http://www.asahi.com/international/update/0215/014.html





あんまり期待できそうに無いですね。ってか大人なんだから会議ぐらいには出なさいよ。
ちなみに反捕鯨国は以下(完全に把握していないので大雑把に)
アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・ブラジル・ニュージーランド・ニュージーランド・オーストラリア・オランダ
というより殆ど反捕鯨国です。
そもそも反捕鯨国は元捕鯨国です。クジラの油が売れた頃アメリカとかはガッサンガッサン捕鯨。
結果一部のクジラは絶滅の危機に。それとクジラ油の代替品が登場してきたことでクジラの油は売れなくなり…
アメリカ「クジラを保護しようじゃないか」

現在では過激派の環境保護団体が日本の調査捕鯨船を攻撃する始末。
(絶滅の恐れのある種のクジラは当然捕獲していません。)
ちなみにSea shepherdはアメリカの環境保護団体です。

捕鯨問題については以下のページを参照されると良いかと思われます。
捕鯨問題とは何か
wikipedia「捕鯨問題」

Sea shepherd日本の船と遂に接触
日本人の価値<クジラの価値
PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

緑豆のクジラブボンボンどもがよく言う10のこと

1. わざわざ南極で、国際的に定められたクジラ保護区内で行われているしかもここで世界で唯一日本だけが捕鯨を行っている。 A.クジラは回遊したいるので頭数の推移を把握することが難しいなぜなら回遊しているのでその全体Meditations【2007/04/07 14:48】