忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



クジラの次はサメです。フカヒレでサメがピンチ

7bc7b0e22c65d0ee164f-L.jpg 日本でも多く漁獲されているオナガザメ類などの個体数が、フカヒレ目当ての漁業などの影響で世界的に減っていることが分かったとして、国際自然保護連合(IUCN)は23日までに、これらのサメを絶滅の恐れがある種のリストに掲載することを決めた。

 IUCNの専門家は「ヒレだけを切り取る漁業などの国際的な規制を強化すべきだ」としており、今後、保護団体から強力なサメ漁規制を求める声が高まりそうだ。

 IUCNの専門家委員会は、各地の海に広く分布する外洋性のサメを中心に生息状況を検討。中華料理のフカヒレの材料として漁獲量が増えているアカシュモクザメを「近い将来絶滅の危険性が高い種」に認定することを決めた。

  また、ハチワレ、ニタリ、マオナガという3種類のオナガザメの仲間は、新たに「絶滅の危険が増大している種」に認定。日本が年間1000トン前後を漁獲し ているアオザメも現在の「準絶滅危惧(きぐ)種」から、危険度が1段階高い「絶滅の危険が増大している種」に格上げされた。

http://www.sankei.co.jp/seikatsu/shoku/070223/shk070223001.htm



Thresher_shark.jpg






オナガザメ



Sea shepherdの出番ですかね、これまたww
世界的に中華料理って広まっているから大変ですねコレは。
世界中のフカヒレ料理の値段高等とメニューからの取り消し。そんな時も近いのか…なんて。
キャビア用のサメの養殖はあることは知っているんですけどフカヒレ用はありませんよね。フカヒレ用サメも養殖の時代が来るのでしょうか。

捕鯨問題に進展あるか。
Sea shepherd日本の船と遂に接触
日本人の価値<クジラの価値
PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

高倉健/Tidal Kraken

 南極海で450キロの超巨大イカ捕獲 黄昏ミニヨン想録堂【2007/02/24 03:22】

暇だからウミガメの保護活動について聞いてみた

某プロレス団体(WWF)でウミガメの保護活動やってたシンガポール人の子がいるんだが 実際、けっこう大変らしいね保護活動は。 Meditations【2007/04/13 00:06】