忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ローゼン閣下―始動―

Taro_Aso-2.jpg

 家電やカメラなどの日本製品と並んで「ジャパン・ブランド」の一角を担うようになった日本の漫画やアニメ。政界一の漫画好きで知られる麻生太郎外相が音頭を取り、外務省の後押しでさらに世界に発信する取り組みが本格化している。

  外相の諮問機関「海外交流審議会」が昨年11月にまとめた情報発信力を強化するための報告書は、政府とアニメ製作者らのポップカルチャー勉強会の開催や内 外の新進気鋭の漫画家を対象とした「日本マンガ大賞」(仮称)の創設、国際的に人気のある漫画やゲーム作家を「アニメ文化大使」として海外に派遣すること などを提案。外務省は平成19年度予算案にも関連費用を盛り込んだ。

 麻生外相の漫画好きが有名になったのは昨年9月の自民党総裁選がきっかけ。趣味などが紹介され、「ゴルゴ13」をはじめ一週間に約20冊の漫画週刊誌を読破する意外な一面が広く知られるようになった。

 漫画外交の展開は、「本人も『おれの出番だ』と思った」(麻生氏周辺)よう。漫画やアニメなどに造詣が深い「オタク」のメッカ、東京・秋葉原で街頭演説会に臨み、「自称オタクのみなさん」と呼び掛け、インターネット上で反響を巻き起こした。

http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070203/ssk070203001.htm



(中略)

 1月中旬のリブニ・イスラエル外相との会談。「自分の子供たちも日本の漫画が大好きだ。イスラエル国内でも大変な人気だ」。中東問題など緊迫する国際情勢をめぐる意見交換の一方で、日本の漫画が話題に上ると、麻生、リブニ両外相から笑い声が漏れた。

 日本の漫画が世界で人気を呼び、日本の伝統的な文化、芸能をしのぐ勢いで浸透し、文化交流促進の一助となっているというが、リブニ外相の発言はそれを示すものだろう。

 外務省幹部は「若者を中心に日本の漫画の影響力は絶大だ。日本の外交に生かさない手はない」と強調。麻生外相も「(漫画は)外務省の官僚が逆立ちしてもできない役割を果たしてくれる。日本の文化を世界へ広めるための新たな担い手だ」と話している。



ローゼン閣下本腰入れましたw
超平和的な「オタク外交」良いかも知れませんね。さすが閣下ww
現在日本のマンガ・アニメ産業はヨーロッパに市場を広げており、貿易額もかなりすごいです(額忘れました)
さすがローゼン閣下! 他の外交官に出来ないことを平然とやってのけるッ!
そこにシビれる! あこがれるゥ! (憧れはしません)
PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

外務大臣 麻生太郎さんと共に

未来の総理! 外務大臣 麻生太郎さんと 外務大臣である麻生太郎さんとは、去年の八月に名古屋市で 政令指定都市議会議員の会議でお会いしました。 鎧を感じず、とても親近感をかんじます。打ち解けてお話させていただきまし...大阪市議会議員 杉本末広 【2007/03/13 01:19】