忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「上映中、涙が止まりませんでした」 だっておwwww

『君が代不起立』学生上映会が開催された。一般の人も含め約80名が集まった。女子学生が目立った。上映後のトークで、根津公子さんは「君が代は踏み絵。一度踏むとおかしいことをおかしいと言えなくなる。人権のない社会にしてはならない」と熱く語った。
この上映会は、根津公子さんの教え子で、障がいをもつ田島夏樹さん(ICU学生)の呼びかけで実現したもの。当日は司会もつとめ、彼女の頑張りに大きな拍手がおくられた。
アンケートは55通回収。「凄絶。思想信条の自由に恐ろしい圧力がかけられている現状を目の当たりにして、あらためて驚愕しました。母校の後輩たちに見せたいです。」
「上映中、涙が止まりませんでした。自分のこととして考えてくれる人がもっと増えてくれることを望みます。」「ギリギリの所で一生懸命がんばって正しいことを主張する人がいる。感動して涙が出ました。」など、どれも真摯に作品を受け止めてくれたことがわかる内容だった。

痛いニュースhttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/910155.html





>「人権のない社会にしてはならない」
さて、何言ってんだかよく分からない発言ですが一応反論を。
皆さんご存知「君が代」は我々日本国の国歌です。その歌詞は
君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔の生すまで
「君」の解釈が悩むところですが君を”君主”と考えても単純な”君”と考えても人権をなくすようなことは書かれていません。
別に外国人が歌ったからといって苦痛になるものではありませんし、まして日本人なら痛くも痒くもなく歌えます。
僕なりの解釈でこの「君が代」を見ますと、
日本国(親、自分、その子孫たちなど昔から今、そして未来の日本国民そして日本経済)が長く長く続きますように。
こういう感じです。現在君主は居ませんから「君」を君主と考えなくてもいいと思いまして。
とてもやさしい国歌だな。と思っております。

しかもこの映画商用ですかwwwてっきりタダかと思いました。
>上映費用:50人以上で上映会を行う場合は、必ず上映権付きDVD・ビデオ(3万円)をご購入ください。
>(50人以下の場合は、個人価格6000円をお使いください)
結構良い値取りますww

>宣伝グッズを活用してください。(以下すべて制作中)
>・ポスター(1枚100円)
>・予告編テープ
>・プレスリリース(制作中)
>・カラーチラシ(制作中)
いろいろと小物も売るようですwww

もうなんかいろいろとおかしすぎますwww
「君が代不起立」ページ
http://vpress.la.coocan.jp/kimi.html
PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

「思想信条の自由」の盾ははぐれメタルの盾よりも防御力高そうッスねw

自分の気に入らないことを全部「思想の自由」を盾に避けることができたら、さぞかし人生楽だろうね。 ぬるぽなのはいけないと思います【2007/02/01 00:07】